ホルモンとの縁は残る?

更年期障害はホルモンというゆかりあり

更年期障害は体内のホルモン兼ね合いという密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモン兼ね合いが年齢を通じて急性チェンジを迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、多少なりとも更年期障害の症状の傍らを軽減するためには、体内のホルモン兼ね合いを賢くコントロールすることは必須と言えるでしょう。更年期にて、自分の全身ではホルモン兼ね合いがどういうチェンジをしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモン兼ね合いのチェンジ

更年期におけるホルモン兼ね合いは、虎の巻から先に言い立てるって、妻ホルモンの急性低下ということになります。代表的な妻ホルモンとしては、エストロゲンといったプロゲステロンだ。こういう2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

それら妻ホルモンは生理などをつかさどって要るホルモンだ。こういうホルモンが40お代あたりの更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随して生じる体調が更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたっての体調

なんで更年期ですアラフォーからこういう妻ホルモンの分泌体積の急性低下が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるにおいて、体調がセッティングを通しているからに他なりません。閉経は、つまりは、生理がなくなることです。

 

ティーンズ下を絶頂として、妻ホルモンの分泌体積はゆったり減っていきます。こういう低下が急激に加速するのが40年代以降の一時というわけです。そうして、50年代を過ぎ、生理がなくなると妻ホルモンの分泌はぜんぜんなくなります。

 

急性ホルモン兼ね合いのチェンジに体調がおいつかない

こういう閉経を迎えるにあたっての急性身体のチェンジには、人間の心身はどうにも対応できるものではありません。卵胞が鎮まり、妻の分泌体積が減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことを何やら認識できません。

 

なので、体調が妻ホルモンを分泌できないものの、脳は今まで通りに妻ホルモンを分泌するように体調に命令をするのです。こういう脳って体調との不具合は自律心の運営を乱す成果となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律心狂乱症

つまり、更年期障害は、自律心狂乱症のひとつという事ができます。体調が閉経を迎えるについて妻ホルモンを分泌しなくなる。ただし、脳は今まで通り妻ホルモンホルモンを分泌しようとする。

 

こういう体調って脳の隔りを通じて、体調や内にさまざまな反映がうまれることになります。更年期障害の症状です、動悸、のぼせ、スタート汗、頭痛、肩こりなどは自律心狂乱症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモン兼ね合いの破壊にあるのです。

 

現代の妻を取り巻く環境が更年期障害に悪影響

現代の国中世間は大人妻において、まったく生きがたい世間であるとされています。世間進展にともなう圧力、家族や育児の圧力、父兄の介護など、これらは妻の動揺として重くのしかかります。

 

これらの圧力が妻の心身に蓄積されることによって、その妻の更年期障害は悪化の一途をたどっていらっしゃる。そういう圧力を日常的に数多く抱え込んでいる妻ほど更年期障害の症状が根深いという傾向があるようです。

 

では圧力を多少なりとも軽減することから

閉経は誰にでも起きるものであり避けられないことです。それにともなうホルモン兼ね合いの異常もある程度は心機一転しなくてはならないことです。

 

ただし、上記のような日常的に見える圧力は自分の周囲の所帯や仲間のフォローにてはじめて燃やすことが出来るものであると思います。こういう圧力をどうにかして軽減し、自律心狂乱症の症状を相殺させることこそが、更年期障害を多少なりとも手軽に上回るためのメソッドと言えると思います。

 

更年期サプリTOPへ